園からのお知らせ

2022/05/23
5/21開催 自由が丘ドジャースキッズ野球体験レポート

★自由が丘ドジャースキッズ野球体験を開催!
卒園児が選手となり卒園児父が監督となり幼稚園へ戻ってきてくれました。
そして、投げる・打つ楽しさを在園児に伝授。

目黒区の少年野球チームの中でも歴史のある自由が丘ドジャース。
私は小学校の頃、大岡山パワーズに所属。パワーズに中学部が無かった事により、その後隣町のヤングホークスに所属し、毎週末、駒沢公園や砧の野球場にてたくさんの汗を流してきました。
今なお、あの頃相手ピッチャーが投げた球筋、その球を打ち返した時の感触、飛んで行ったボールの角度をよく覚えています。夢を見るくらいです。

そしてどの時代でも強豪だったのが自由が丘ドジャース。
相手エースがテンポ良く投じるインコース攻めからの外角スライダーに、よく身体をおよがし凡退しました。

そのドジャースの監督に卒園児の父が就任したと聞いてはじめはびっくり。
少年野球のコーチ・監督は普段の仕事にプラスし週末を子どもたちの活動のために尽くします。熱意と覚悟がなければ出来ません。
そのことを私は知っています。何故なら当時の指導者がそうだったからです。ヤングホークス小佐井監督は自宅の屋上にバッティングルームを作り、そこで打撃の練習をさせてもらいました。その名将小佐井監督も数年前に他界され、様々な思いを重ね、微力ながら未来の野球界のために何か出来ないかと思い、キッズ野球体験を計画しました。

卒園児が集まり、在園児に指導をする、そして世代を超えた保護者が手伝い見守る。
持続可能な地域づくりの活動として意義深く、とても有意義な時間でした。
ありがとうドジャース!がんばれドジャース!!

園長 岡 秀樹

 

「自由が丘ドジャースキッズ野球体験」
日程:5月21日(土)
時間:9:30〜11:00
場所:志のぶベースボールパーク(第1園庭)
参加者:在園児13名、卒園児(1年生)5名
指導:監督、コーチ、自由が丘ドジャースメンバー(卒園児6名)

一覧に戻る