園からのお知らせ

2022/03/29
岡秀樹園長の研究が東京都私学財団 学校研究助成事業 研究報告(概要)集に掲載されました

令和3年度 東京都私学財団 学校研究助成事業にて、​岡秀樹園長の研究が​東京都私立幼稚園の個人研究としては唯一交付決定され​、研究報告(概要)集に掲載されました。

■研究タイトル:幼児のグローバル感性を育む異文化交流「わくわくオンライン」の実践研究
-目次-
1.はじめに *下記掲載
2.研究目的 *下記掲載
3.実践内容
4.研究方法
5.結果
6.考察
7.おわりに

-本文-
1.はじめに
世界共通の目標であるSDGs目標4.7には「グローバル市民、および文化的多様性と文化が持続可能な開発にもたらす貢献の理解などの教育」の必要性を示しているが、幼児教育において、その具体的な教育実践報告を見かけることは無い。
本園は、海外にルーツを持つ子どもが14%(8カ国)在園し、年々増えていることから、幼児期からグローバル感性を育み、多文化共生・理解を推進することが必須だと考える。
そのような背景のなか、SDGs目標4.7達成に向けた具体的な実践として、2020年8月に本園において「わくわくオンライン」と題し、ホールのスクリーンを使い、フィリピンとオンライン異文化交流(生中継)をスタートさせた。フィリピンがロックダウンしていたことにより、子ども同士の交流は叶わなかったが、12月にはニュージーランドの幼児と本園園児との交流が実現、さらに両国の保育者同士で研修を行った。
しかしながら本実践は、長期休み期間中に希望者を募り開催していたこともあり、日常保育との連続性に欠け、一過性の交流となっていた。
そこで、2021年は東京オリンピックが開催された事から、国旗や海外選手への興味を足がかりとし、グローバルな感性を育む絶好の機会と捉え、8月に本園園児とケニアの子どもたちが文化や伝承遊びを紹介する交流を計画し実行した。さらに、グローバル感性を育む上で重要と考える、日常保育との連続性を意識した取り組みを行った。

2.研究目的
本研究は、コロナという世界規模の危機的状況の中でも、オンラインを使った異文化交流の実践は持続可能な教育であり、幼児期に異文化に触れ、異国の子どもたちと出会い交流することにより、グローバルな感性が育まれるという仮説を明らかにする。
また、本実践が、子どもと保育者にどの様な影響を及ぼし変容するのかを検証し、一過性ではなく、幼児教育において持続可能な実践であることを明らかにする。

*研究内容全文に関しては、志のぶ幼稚園園長 岡迄お問い合わせください。

2022/03/20
<在園児>なお先生のわくわくスケートボード体験(3/24&25開催)

”春休みスペシャル企画「なお先生のわくわくスケートボード体験」開催!”

東京オリンピックから正式種目となったスケートボードは、13歳10か月で金メダリストになった西矢椛選手、12歳11か月で最年少メダリストになった開心那選手など、10代前半のアスリートが世界を席巻し、幼稚園児からメダリストまで一番年齢の近いオリンピック競技です。
そして、北京オリンピック スノーボード金メダリスト平野歩夢選手が二刀流として、東京オリンピックに出場したことでも話題になりました 

 

今回のわくわく体験は、オリンピックスケートボードパークの建設を手がけ、スケートボード選手及び指導者の国内外の遠征や競技会参加を支援する団体であるスケートボード振興協会と協力し開催します。

講師には、AJSA公認プロスケートボーダー会田 奈生(あいだ なお)さんを迎え、初心者が安心安全に参加できるよう指導して下さいます。
どこに、子どもの才能や興味関心があるかわかりません。
子どもたちの引き出しに新しい体験が詰まることがとても楽しみです!

■日程:3月24日(木)、25日(金)
■場所:志のぶ幼稚園園庭 *雨天の場合ホール
■対象:在園 満3歳児(新年少)〜年長児(新小学1年生) 希望者 
■講師:会田 奈生(AJSA公認プロスケートボーダー)
■協力:スケートボード振興協会   https://www.sk8pa.com/

2022/02/25
<地域・在園児>城南信用金庫碑衾支店にもみじ組(年長児)の作品が展示されます(3/7〜16)

もみじ組(年長児)の作品が城南信用金庫碑衾支店 目黒通り沿いショーウィンドウに展示されます。
想像力豊かな個性に富んだ作品をご覧にお立ち寄りください。

場所:城南信用金庫 碑衾(ひぶすま)支店
   目黒区中根1-1-14
   都立大学駅  徒歩3分、都立大学駅北口バス停前
   https://www.jsbank.co.jp/search/013.html
期間:2021年3月7日(月)〜3月16日(水)

2022/02/22
4月〜「安廣道場キッズ空手教室」スタート

2022年4月より課外教室「安廣道場キッズ空手教室(年中・年長)」がスタートします。
​指導者は、​全日本空手道選手権3連覇​、​K‒1 WORLD MAX世界3位の実績を誇り指導者としても活躍される安廣一哉さんが直接指導して下さいます。
空手は、礼儀作法や精神を鍛えるといった人格形成に重要な要素の習得が期待できます。​保護者参観や​演武会も予定しているので、子どもたちが空手を通して​どの様に​成長していくのか楽しみです​。​

<2022年度安廣道場キッズ空手教室概要>
○場所:  志のぶ幼稚園ホール
○日程:  2022年4月〜2023年3月  月2回 月曜開催
○対象:  新年中クラス、新年長クラス
○時間:  合同14:05〜15:00
*3月7日14:00〜説明会開催

■安廣一哉 やすひろかずや (空手家・格闘家)
ハレロイスタジオ安廣道場代表
1999年~2001年  全日本空手道選手権王者
2002年~2007年   格闘技イベントK-1を舞台にプロ格闘家として活動
K‒1 WORLD MAX2005 世界3位
【テレビ出演】TBS「バイキング」、フジテレビ「サスケ」、NHK「クイズモンスター」等
【雑誌モデル】ANAN、SAITA、POPEYE、ディーゼル、アディダス、Mrバイク連載 等
【その他の活動】2008年~ 日本サッカー協会「心のプロジェクト夢先生」
 2013年10月 奄美大島観光大使就任
 2015年 脳開発トレーニング ライフキネティック パーソナルトレーナー兼アンバサダー

2022/02/17
園歌「志のぶのこども」手話訳 折笠富美子さん「ファンターネ!」メインキャラクターに決定

園歌「志のぶのこども」の手話訳をして下さった声優の折笠富美子さんが『おかあさんといっしょ』で4月から始まる
ぬいぐるみ人形劇「ファンターネ!」のメインキャラクター”やころ”の声を担当することが発表されました。
”やころ”は3歳10か月のひょうたんの子どもで、8にんきょうだいの末っ子。きょうだいで薬屋を営んでいるとのことです。
みなさん”やころ”を宜しくお願いします!
『おかあさんといっしょ』新作人形劇が4月から開始 テーマは「可能性と多様性」

< 1 2 34 5 6 7 8 9 10 11 12 >